2017年05月01日

塔の上のラプンツェルのホテルに泊まる


一昨年の夏ドイツに越して来てから色々な場所を旅したが、次男の、そして多分長男もお気に入りのホテルについて書こうと思う。


ホテル ブルク トレンデルブルク




ドイツメルヘン街道の中央部トレンデルブルクにある、「塔の上のラプンツェル」の舞台になったと言われる城である。


(ドイツメルヘン街道とは、ドイツ中部の街ハーナウから北部の都市ブレーメンを経てブレーマーハーフェンまでを結ぶドイツ観光街道の一つ。グリム兄弟とその童話や伝説にゆかりの地を結ぶ観光街道で、全長約600km。始点のハーナウはグリム兄弟の生誕の地、終点ブレーメンは、彼らの童話『ブレーメンの音楽隊』で名高い街である。元々、この2つの街を結ぶ街道が古くからあったわけではなく、途中の70以上の街がこの街道に参加し、断片的な道路を結び合わせ観光街道として整備したもので、1975年に組織された。Wikipediaより抜粋)



と、元々知っていたかのように書いているが、それまでメルヘン街道など知らなかったし、ラプンツェルの塔のモデルがあったことすら知らなかった。

このホテルに決めてくれた夫母に感謝したい。(去年の冬、夫の父母がドイツに訪れ一緒に旅行した。)


塔の上のラプンツェルはディズニー映画の中でもお気に入りの1つであるので、このホテルに泊まることが出来て非常に嬉しかった。


天蓋付きのベッド。



乙女心をくすぐりそうなベッドメイク。



わたしはこの手作りのジンジャーブレッドマンに心くすぐられたが。

ちょうど良い塩梅に生姜の風味が効いており美味かった。



洗面台にいたカエル。



塔の上からはラプンツェルの髪(?)が垂れている。



塔の中。ラプンツェルと魔女。







古城の地下にありがち。拷問部屋。



塔の上からの眺め。



わたし達が宿泊した翌日、このホテルの外で結婚式をしている新婚夫婦と招待客たちがいた。めでたい。


Hotel Burg Trendelburg









おしまい。








ごんべ at 21:25│Comments(0)ドイツからハロー 

コメントする

名前
URL
 
  絵文字