2017年03月19日

ジムでマッチョ観察


マッチョな男前を観察するために(え。)重い腰を上げジム通いを始めたわたしだったが、その野望は脆くも崩れ去った。(米国人夫の好みの体型は



恐らくウェイトルームに行けばマッチョ観察ができると思われるがわたしにはその秘密の花園(?)に入る勇気は無く


以前夫と一緒にウェイトルームに行った時にベンチプレスを試したがこの有様だったのだ。恥。




普通この棒の両側におもり的なもの(?)をつける訳であるが、わたしはこの棒のみでギブアップするという失態を晒したわけである。


というわけでトレーニングをするわけでもなくウェイトルームに居座りマッチョガイを舐めるように観察するという変態行為をする勇気もなく、マッチョ観察は断念せざるをえないのであった。涙。



おとなしくカーディオルームに行くと、このようなマシーンを発見。




エンドレス階段マシーン(実際の名前は知らぬ。そしてイラストが雑。)

今時は(いつの時代の人間だ)このようなマシーンがあるのか。


見ているだけで息切れしそうなこのマシーンは素通りし、ランニングマシーンで無難に走る。


しかし。




これを恐れて少しも気が抜けないわたし。今時こんな人いるのか。




いつもジムで走る時は内心恐怖におののきながら走るわたしなのだ







おしまい。






ごんべ at 18:42│Comments(0)自分 

コメントする

名前
URL
 
  絵文字